2014年09月29日

9/28(日)東京オーディション レポート!(矢口正武)

9月28日(日)に開催された「女医・志田周子(ちかこ)を銀幕に蘇らせる会」東京オーディションの模様をお届けします。

P9270191.JPG

東京会場は港区青山にある『シナリオ・センター東京校』でお昼をはさんで午前9時半〜午後5時まで、7時間半にも及ぶオーディションには500件を超える応募があったとかでプロデューサーの上野さんは満面の笑みを見せながら語ってくれました。
今日はその中から30組60名の応募者をオーディションするそうです。

P9270192.JPG
 
私の自宅のある恵比寿からはMTB(マウンテンバイク)でのんびり走っても20分もあれば着いてしまいます。
訪れた時は午前の部が終わり、永江監督も上野プロデューサーも昼食タイムを始めたばかりでちょうどいいタイミングで会場入りすることが出来ました。

P9270194.JPG
 
見学したオーディションは、午後1時半から2名ずつ面接会場に入り、監督、プロデューサーの前で自己紹介をして、決められたあるシーンを相手役の前で演じるというもので、応募者はなかなか迫力ある演技を見せてくれました。

P9270196.JPG

オーディションにも関わらず余りの熱演に目頭が熱くなって涙をこぼさないようにするのがやっとだったほどです。

P9270200.JPG
 
5組10名の皆さんの熱演を見せて頂き、10月からの撮影が数倍楽しみになって来ました。

posted by c at 09:01| Comment(0) | TrackBack(0) | その他

2014年09月11日

山形新聞2014/09/09(いしゃ先生〜町おこし映画顛末記〜R)

山形新聞に連載中のあべ美佳さんによるエッセイ「いしゃ先生〜町おこし映画顛末記〜」第19回をお届けします。

posted by c at 02:47| Comment(0) | TrackBack(0) | メディア掲載

2014年09月08日

映画「いしゃ先生」イベント報告(美術ボランティア、衣装ボランティア)

8月17日〜24日の七日間で美術制作、23と24日の二日間で衣裳制作と出演者オーディションが行われました。(写真をクリックすると拡大表示されます)

◎美術ボランテイア 
元の診療所を当時の雰囲気に近づけるため新しいペンキをはがしているところです。
image06.jpg
image07.jpg
約10名集まりました。
地元大井沢地区民、大井沢出身者、東北文教大学生等です。
image08.jpg

特に、文教大学生は夏休みということもあり、作業日はコンスタントに来てくれます。
美術監督等スタッフから直接指示をもらっています。
image09.jpg
また、温泉館に来ていた「ばくだんやさん」からお菓子をもらった写真もあります。
image10.jpg
image11.jpg

◎衣装ボランテイア
自宅から衣装に使えるような布を持ち寄り昭和初期の衣装を制作しています。
image01.jpg

町婦人会の会員の方と大学生のボランティア約20名集まりました。地元の婦人会のお母さん方が主力です。
image02.jpg
講師は東京からプロの方(NHKアート)においでいただき指導を受けました。
image03.jpg
image04.jpg
ボランテイアのみなさんは自宅から古着を持ち込んで作業に当たりました。
image05.jpg

2014年09月02日

映画『いしゃ先生』 第2回出演者オーディションを開催!!

撮影はオール山形ロケ。生涯を地域医療に捧げた、女医「志田周子」の生き様を描いた映画の出演者を幅広く募集。
オーディションは東京と山形県の二か所で実施予定!

【主催】志田周子の生涯を銀幕に甦らせる会

 第二次世界大戦前後(昭和10〜37年)の混乱期に、山形県大井沢村(現在の西川町)で生涯を医療に捧げた女医「志田周子」の人生を映画化する『いしゃ先生』が製作されるにあたり、メインキャストをはじめとする出演者を幅広く募集している。
 同映画は、陸の孤島と言われ、長い間、無医村だった大井沢村で、村民の生活を守るために生涯を捧げた志田周子の生き方を描く、女医と村人たちの心温まる物語。撮影は年内に開始され、撮影場所はオール山形県内ロケを予定している。
 映画のプロデューサーを務める上野境介氏は、「オーディションを通じて、ぜひ芸能界で活躍していくことに貪欲で情熱を持った方に集まっていただきたいと思います。人間味溢れる映画にしたいと思っているので、自分の個性を素直に出せる方を見てみたいです」と語っている。



脚本家・あべ美佳氏(山形県出身)より
mikaabe.jpg

オーディションに臨む皆さんへ
「私の故郷に、結婚もせず子も産まず、村に人生を捧げたと語り継がれる女性医師がいます。彼女が神さまと呼ばれるようになるまでには想像を超えた貧困と無知との闘いがあり、村人たちと数多くの心温まるドラマがありました。めんこくて人間くさい『いしゃ先生』の物語を我々と一緒に作っていきませんか? たくさんの出会いを期待しております」



◇応募資格
性別、年齢不問(小学生以下の子どもから老人まで)。経験不問。事務所と契約している人でも事務所の承認を得たうえで応募可能。

◇締切
9月15日(消印有効)

◇審査方法 
1次/写真・書類審査(合格者のみに通知)。2次審査/面接・実技(山形県と東京都の2カ所にて実施予定)。

◇応募方法・応募資料 
下記宛先までプロフィールの書かれた履歴書などをメールもしくは郵送などでお送りください。プロフィールをお持ちでない方は写真2枚(3カ月以内に撮影した全身・上半身)・住所・氏名・年齢・連絡先・趣味・特技・自己アピール・芸歴など記入の上、お送りください。

◇宛先 
〒990-0703 
山形県西村山郡西川町大字間沢280
交流センターあいべ内 西川町教育委員会生涯学習課内 
志田周子の生涯を銀幕に甦らせる会 
出演者オーディションD係

(メールの件名は「出演者オーディション応募」として下さい)

◇問い合わせ(問い合わせはメールのみにてお願い致します)